Linuxについても知っておこう

Linuxは、インフラエンジニアにかぎらず、技術者であるならば誰もが一度は触れたことのあるものだと思います。
Linuxはインターネットサーバーとして幅広く使われているため、その運用度合いが試されるLPICは、インフラエンジニアであるならば、持っておいて損のない資格といえるでしょう。

このLPICは、レベルが三段階に分かれていて、レベル1は基本的な操作方法からコマンドの使い方、システム管理の方法を取り扱ったものとなります。試験方法は、コンピュータを操作して出題・回答する方式が採用されており、技術者としてはできて当たり前が、レベル1となります。

レベル2では、応用的な管理方法に加え、Linuxでのネットワーク構築やサーバー構築についての問題が出題され、インフラエンジニアであるならば、レベル2まではぜひ取っておきたい資格と言えます。
レベル2は、取得しておくだけで、エンジニアとしての知識を十分に兼ね備えていることの裏付けとされるため、即戦力のエンジニアとして認められることとなります。
インフラエンジニアにかぎらず、Linuxエンジニアとしての実力も出るのがレベル2だと言えるでしょう。

レベル3では、大規模なシステムの設計・構築・運用に関する問題が出題されます。
レベル3だけ、2種類の試験があり、共通資格の「LPIC-3 Core」と、専門分野ごとに設けられた「LPIC-3 Speciality」が存在します。
レベル3は、インフラエンジニアというよりは、Linuxエンジニアとしての側面のほうが強いかもしれませんが、サーバーとして広く使われているLinuxを扱えるだけで、そのインフラエンジニアの幅はグッと広がると考えられます。

兎にも角にも、レベル2まではインフラエンジニアとしては持っておきたいことは事実ですので、レベル2の取得を目指していきましょう。

Linuxは、携帯電話をはじめとするデジタル家電のOSとしても普及し始めているので、これから先、扱えるとうことは必ずプラスとなるのは、確実です。

No Comments

Post a Comment